プラセンタ注射について(平日午後のみ)

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射とは

プラセンタは、胎盤より抽出したエキスです。

ヒアルロン酸・コラーゲン・各種アミノ酸・胎児の成長因子などを含みます。

元々は慢性肝疾患の肝機能改善のために認可されたものですが、そのほかにも下記のようにさまざまな効果があると言われています。

プラセンタ注射の効果

  • ・血行改善効果
  • ・血行障害による肩こり、冷え症、関節痛など
  • ・抗アレルギー効果
  • ・アトピー、痤瘡(ニキビ)など
  • ・抗酸化作用、抗炎症効果
  • ・美肌効果や抗加齢効果、炎症の改善など
  • ・自律神経調整効果
  • ・免疫増進効果
  • ・疲労回復効果

ただし、プラセンタの中のどの成分がどのような機序でこの効果をもたらすのかは、分かっていないことの方が多いです。

プラセンタ注射の種類

プラセンタ注射の種類

プラセンタ注射には、認可されているもので「ラエンネック®︎」と「メルスモン®︎」という2種類があります。

どちらも「1日1回1アンプル(2ml)を毎日または隔日で皮下または筋肉内に注射する」のが本来の使用法となります。
※アンプル:薬剤の入っている小瓶のことです。

ですが、毎日の通院は困難ですので多くの医院では「1回1〜2アンプルを最初の数ヶ月は週に2回、それ以降は週1回注射する」方法が主流となっており、当院でもそのようにおすすめしております。

おおむね、最初の数回〜1ヶ月程度で効果を実感される方が多い様ですが、個人差は大きいと言われております。

また効果を実感できた場合は中断によって症状が元に戻ってしまうこともあり、継続的に行うことが望ましいと言われています。

発売後40年になりますが、長期使用による弊害は今のところ確認されておりません。

なお「ラエンネック®︎」は慢性肝疾患、「メルスモン®︎」は更年期障害及び乳汁分泌不全に保健適応を持っておりますが、当院ではいずれも自由診療のみ承っております。

プラセンタ注射の副作用

主な副作用としては、注射部位の痛み、過敏症などとなっておりますが重大な副作用の報告はありません。

なおそのほかに献血ができなくなるなど、生物由来製剤の使用に関わる諸注意がございますので、初回にご説明の上、ご理解いただいた方にのみ注射させて頂きます。

当院でプラセンタ注射をご希望の方へ

当院では、平日午後のみプラセンタ注射を行なっています。

なお、初めての方(初診)でも予約なしで承ります。

プラセンタ注射の料金

    • 初診時 ¥1000+注射代
      医師による問診、カルテ作成、副作用及び諸注意と同意書を頂きます
    • 注射代
      ラエンネック、メルスモン共1アンプル¥1000、2アンプル¥2000
    • 2回目以降
      上記注射代のみとなります。お待たせせずご案内いたします。

※プラセンタ注射は「全額自己負担」となります。
※上記料金は全て税込です。